チワワ 気持ち しぐさ

チワワの気持ち・しぐさ
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

犬の気持ち・しぐさ目次

 

犬は、人の言葉を話せません。でも、表情、鳴き声、しぐさなど体全体で気持ちを表しています。

 

それらの意味を飼い主さんが理解できれば、今よりももっと愛犬と仲よくなれること違いありません。しつけにもきっと役立つことでしょう。

 

これから代表的なしくことその意味を紹介していきますが、気持ちの表現方法にはその犬ならではの個性とクセがあります。よく観察して愛犬ならではのサインを読み取れるようになってください。

 

 

口角を上げて目を細める

 

うれしいときに見せる表情です。口角を上げて目を細めた顔は、まるで笑っているように見えます。

 

このとき、耳は自然に直立しているか、やや後ろに倒れているはずです。

 

 

口をとじて舌を出す

 

舌を出し、そのまま鼻の頭をペロッとなめているなら、緊張や興奮している証拠です。落ち着こうとしています。

 

このとき、あくびをしたり体がブルブル震えたりすることもあります。これらの行動には、相手を落ち着かせようとする意味もあります。

 

 

鼻にしわをよせて、歯をむき出す

 

他の犬と対面したときなどに見られる、「それ以上近づいたら噛むよ!」という表情です。

 

体が低い位置で、しっぽが丸まっていると、とても怖かっているということです。

 

 

見つめられて目をそらす

 

他の犬が近づいてきたり、人に見つめられたりしたときに目をそらすことがあります。

 

視線をそらすことで、相手に敵意がないことを表しているのです。飼い主さんが「ダメでしょ!」などと注意すると、スッと視線をそらすこともあります。

 

これは「もう怒らないで」というサインです。

 

犬の気持ちが表れるところ

 

表情とボディラングージ

気持ちがはっきりと表れるのは、口角、目、耳、しっぼ、腰の位置などです。これらのパーツを総合的に見ることで、喜んでいるのか、怖がっているのかなど、判断することができます。

 

鳴き声

犬はさまざまな鳴き声で気持ちを訴えかけてきます。列えば、何度も鋭く吠える場合は、何かを警戒しているのかもしれません。「キャンキャン」と高い声で鳴く場合は、子犬が母犬に甘えるように飼い主さんに甘えていると考えられます。

 

行動としぐさ

 

こちらをジーっとと見つめてきたり、しっぽをブンブン振ったり、こういった行動にももちろん意味があります。同じ行動としぐさでも状況によって意味が違うことがあるので、周囲の様子も把握して気持ちを読み取ってください。

 

 

 

ジッと目を見てくる

 

「大好き」を表すとき、チワワはその大きな瞳でこちらを見つめてきます。

 

大好きな飼い主さんといっしょに過ごせてうれしいのです。ただ、このしぐさは何かしてほしいことを要求するときにもします。そのかわいさに負けて甘やかさないよう注意しましょう!

 

 

口をなめてくる

 

口元をなめるのは、飼い主さんを親だと感じている証拠です。

 

子犬は、毋犬の口元をなめて「ごはんちょうだい」と伝えるのですが、そんな気分で甘えているのです。

 

女性の場合は、化粧品のにおいや味がして、なめている場合もあります。

 

 

体をこすりつけてくる

 

飼い主さんのひざにあごを乗せたり、体にスリスリしたりしてくるのは、犬の愛情表現です。

 

飼い主さんとスキンシップをしたい気分なので、抱っこしてあげたりなでてあげたりして、チワワの愛にこたえてあげましょう。

 

 

しっぽを大きく振る

 

しっぱは、犬の気持ちが強く表れるパーツです。しっぽの根本からプンプンと大きく振っているときは、うれしいサインです。

 

さらに楽しくてテンションが上がってくると、ぐるんぐるん振り回すように振りはじめます。

 

チエックポイント

 

犬は、緊張したり、興奮したりして感情か高ぶっているときにもしっぼを振ります。感情が高ぶったときとは、何もうれしいときだけとは限りません。知らない犬と遭遇して怖がっているときや,警戒しているときにもしっぽを振ります。そんなときには、しっぽは小刻みに振られます。

 

 

 

おなかを見せる

 

飼い主さんのそばまで来て、コロンと横になりおなかを見せるときは、かまってのアピールです。

 

犬は気を許した相手にしかおなかを見せません。無防備におなかを見せるのは、あなたを信頼し、[おなかなでて!」と甘えているのです。

 

 

おしりを高く上げる

 

上半身を低くしておしりを高く上げるのは、飼い主さんを遊びに誘うポーズです。

 

よく遊ぶ犬が相手なら、このポーズで誘ってすぐに遊びがスタートしますが、まだよく知らない犬相手の場合、このポーズで遊びたい気持ちを伝えて様子をうかがうこともあります。

 

 

甘噛みをしてくる

 

犬同士でじゃれているときや、飼い主さんと遊んでいるとき、犬が甘がみをすることはよくあります。

 

遊びの一環ですが、興奮してくるとつい本気でかんでしまうこともあるので、チワワと遊ぶときにはおもちゃを使って遊ぶようにしましょう。

 

 

 

 

注意ポイント!

 

無理にあお向けにするしつけはNGです!

 

犬相手におなかを見せる場合は、相手に弱点を見せ「けんかをする気はないよ」と伝える意味があります。オオカミやや犬の子育てで、子どもを転がしておなかを見せることを教える場合がありますが、これは服従させたり叱ったりするためのものではありません。母犬に教わっていない犬は怖がるため、無理にあお向けにするのはやめましょう。

 

 

 

しっぽがだんだん垂れてくる

 

しっぽを下げているのは不安や緊張の表れです。

 

耳は後ろに倒れていき、表情がおどおどしてきます。ひとりでお留守番をするときや、知らない人と会ったときなどに出てくる犬のしぐさです。

 

 

しっぽを立てて毛が逆立つ

 

ストレスや恐怖に直面した時、毛が逆立ってきます。

 

しっばのつけ根の毛まで逆立っていたとしたら、怖さはピークに達しています。

 

逃げようがなくなってしまうと、怖いことを相手にアピールしながら、いつでも飛びかかれる姿勢になります。

 

 

体勢を低くしてしっぽを下げる

 

しっぽを下げる体勢は、おびえているときよく見られるポーズです。

 

特に恐怖を感じているときは、しっぽを体の中に巻き込んでしまいます。これは怖い相手が自分のにおいを嗅いで、情報を知ってしまわないようにしているのです。おしりの穴と陰部をしっぽで隠しているポーズです。

 

 

 

 

要注意ポイント!

 

他の犬と会ったときに、恐怖を感じている犬は、しっぽを足の間にはさんだり、体の毛を逆立てたりする時があります。そんなとき、感じている恐怖心が限界を迎えると、今度は反対に防衛的攻撃から、相手に噛みついてしまうこともあります。そうなった場合は互いにケガをする可能性が高くなってしまいます。犬の恐怖心が限界を突破してしまわぬ前に早急にそこから移動するようにしましょう。

 

 

 

口を開けて舌を出しっぱなしにしている

 

口を大きく開けて、舌を出しっぱなしにしている場合は、暑さを感じているのかもしれません,

 

犬は人間のように汗をかいて体温調節ができません。口を大きく開けて空気をたくさんとり込んで、体温を下げようとしているのです。

 

 

上目づかいで見上げてくる

 

ウルウルと上目づかいで見上げてくるときは、飼い主さんに甘えたいときです。

 

退屈していてかまってほしい要求サインの場合もあります。

 

また、逆らえない相手に対して、「やらなきゃダメ?」と、チラチラ様子をうかがうときにも見られるしぐさです。

 

 

首をかしげる

 

声をかけられたり、変わった音がしたりしたときに、その音がよく聞こえるように音がする方向に首をかしげます。

 

「今のは何の音?」といった感じのしぐさです。このしぐさは何となく人間と似ているところがあります。

 

 

前足をなめる

 

前足をなめるしぐさををするときは、何もすることがなくて退屈をしているのかもしれません。

 

何もすることがないので、とりあえず身近なものをなめて退屈を紛らわそうとして、気持ちを落ち着かせているのです。

 

人間の赤ちゃんの指しゃぶりと同じようなものです。コミュニケーションをとってあげるようにしましょう。

 

 

カーミングシグナルとは、緊張した気持ちを落ち着かせようとするときに見られるしぐさです。

 

写真を撮られ続けてストレスがたまったり慣れない場所で不安を感じたりしたときなどに、自分が感じたストレスや不安をなだめるためにこれらの行動をします。

 

カーミングシグナルに気づいたら、ストレスを与えている行動をただちにやめてあげましょう。

 

また、カーミングシグナルは犬どうしが出会ったときなどに、緊張を解く姿を見せることで「あなたと争う気はないよ」という気持ちを伝える行動でもあります。

 

 

カーミングシグナル一覧

耳を倒す

不安を強く感じています。相手に対して、争いを避けるために「けんかはしないよ」と伝えています。家族の中でも、犬が怖いと思っている特定の人に対してすることがあります。

 

鼻をなめる

緊張や興奮で気分が高まっています。鼻をペロッとなめることで、心を落ち着かせようとしているのです。おやつやごはんを前にしたときの場合は、カーミングシグナルではありません。

 

体を振る

こちらに近づいてくる人や犬に不安やストレスを感じているときなどに、体をブルブル振ることがあります。こうすることで、緊張をほぐしています。また、遊び気分から、「そろそろ落ち着こう」と気持ちをリセットするときにも行います。

 

あくびをする

眠くないのにあくびをするときは、雰囲気をやわらげ、相手を落ち着かせようとしているときです。また、不安や緊張した自分を落ち着かせようとしているときです。

 

体をかく

首や耳などをしきりにかくのは、ストレスを感じている状態。対面した犬に対して自分の緊張を見せ、争いを避けようとしているのです。また、緊張で固まった体をかいて、ほぐそうとするときにも行います。

 

顔をそむける

自分に敵意がないことを、相手に伝えるためのしぐさです。知らない犬と目が合えば、けんかになってしまうので、顔をそむけて視線を合わせないようにするのです。

 

目をそらす

犬は飼い主や信頼している人以外は、基本的に目をあわせないのが礼儀です。目をあわせると敵意があるとみなされます。叱られているときなどは相手から目をそらします。

 

前足を上げて止まる

次の行動に移ろうとしながら足が中空で止まったかのような動作です。緊張状態に陥ったときなどに出ます。犬のもともとの習|生にある行動で、獲物などを見つけたとき、どう動こうか考えているときのポイント行動です。

 

おなかを見せる

相手に対して服従するときのポーズです。おなかや生殖器は犬の急所です。これらを見せることで、これ以上攻撃しないでほしいという意志を示しています。

 

円を描くように近づく

相手に脅威を感じているときに、そばに行かなくてはならないときには、ストレートに行かないで、円を描くようにして近づいていきます。

 

くるくるまわる

自分のしっぽを追うようにして、くるくるまわる動作を常同行動といいます。最初は遊びでやることもありますが、クセになってしまい、遊びでなくてもストレスがかかるとこの行動が出てしまうのです。同じく体の一部をかゆくもないのに激しくなめつづけるという常同行動もあります。

 

ふせる

相手よりも体を低くしたり、おなかをつけてふせるのは、相手に対する服従のポーズです。敵意がないことを示し、興奮をおさめてほしいとき、怒りをしずめてほしいときにとるポーズです。

 

 

 

 

 

ストレスをかけすぎないこと!

 

カーミングシグナルのようなストレスサインが出ているにもかかわらず、しつこく叱ったり、無理強いしつづけると、同じ場所をくるくるまわったり、体をなめつづけるなどの常同行動というストレス行動が出ることもあります。常同行動が毎回くりかえされたり、とくに理由もないのにこの行動だけがのこる場合は、動物病院での治療が必要になることもあります。気がついたら、はやめに獣医師やドックトレーナーに相談しましょう。

 

 

物覚えが悪いチワワでも劇的におりこうになる方法


このサイトで紹介したチワワのしつけのやり方を実践すれば、チワワのしつけはうまくいくはずです。実際にこのやり方で我が家のチワワもかなりお利口になりました。


しかし、チワワは一匹一匹が違う性格をしています。内気なチワワもいれば怒りんぼうのチワワもいます。極端に落ち着きがなかったり、飼い主を完全に無視するチワワまでいます。我が家のチワワもそんなチワワの一匹で、どうしようもない怒りんぼうでした。いくら頑張ってしつけをしても、どうしても抜けない強いクセがありました。


そんな時見つけた「しつけ方」があります。「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さんのしつけ方です。


「森田誠」さんのしつけ方は、それぞれの犬の個性に合わせた方法でしつけをするのです。つまり、一匹一匹しつけ方が違うんです。そして、一般的に知られているしつけ方に比べて簡単に実践できるんです。


早速、そのやり方で我が家のチワワのしつけを開始したところ、それまでとは見違えるようにいい子になって、いろいろなことをどんどん吸収してできるようになりました。驚きのしつけ法でした。


私の周りには、犬を訓練学校に預けたのに戻ってきてしばらくしたら「また元のダメ犬に戻ってしまった」という人もいました。しつけがうまくいかず、愛犬との関係が良くならずに怒ってばかりの人もいました。


彼らも「森田誠」さんのしつけ方を実践して、今ではみんなが愛犬とのいい関係を築くことができています。


チワワが大好きなあなたには、愛犬のしつけは人任せにしたり、放棄したりせずに、愛情を持って自分でしてあげて欲しいと思います。そうすれば間違いなくあなたの愛犬は今まで以上の最高のパートナーになってくれます。



「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

最高のプロのやり方を真似るのが一番確実なしつけの方法です
  • TVチャンピオン2の企画、「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクトで優勝を成し遂げた「森田誠」さん直伝のしつけ法です。

  • DVDに収録されてあるしつけ方を真似するだけで、誰にでも簡単にしつけができてしまいます。

  • 詳しい説明とイラスト入りの「しつけマニュアル本」もとてもわかりやすいです。

  • わからないことがあれば、いつでも質問や相談ができるサポート付きです。

  • 一般の犬の訓練学校と比較して、格段に安い費用にもかかわらず、しっかりとしつけが完了できます。






森田さんのしつけ法を徹底検証しました。詳しくはこちら >>



 


必ずおさえておくべきチワワの飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加