チワワ ケア 春

春に行うチワワのケア
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

春に行うチワワのケア目次

 

日常生活のなかには、ウイルスや細菌がたくさんいます。それらから体を守ってくれるのが、病原に対する抗体です。

 

生まれたての子犬は、抗体を持っていません。母犬の最初のお乳(初乳)を飲んで、その中に含まれる抗体を譲り受けます。しかし、その効力は6〜8週間で切れてしまいます。

 

このタイミングでワクチンを打ちはじめ、計2〜3回のワクチン接種で抗体を定着させます。成犬になっても抗体は1年前後で切れるので、毎年必ずワクチン接種を受けます。

 

ワクチンの種類は2〜9種まであり、防げる病気がそれぞれ違います。獣医さんと相談のうえ、必要なものを選びましょう。

 

ウイルス感染症のなかには、死亡率100%の狂犬病や、ジステンパーなどの子犬の致死率が高いものもあります。一部のウイルスには、感染後に有効な薬がありません。

 

まず予防することが大事です。狂犬病のワクチンは、年に1回の接種が法律で義務づけられています。必ず受けましょう。

 

 

死亡するケースもある、とくにこわいウイルスについて知っておきましょう。

 

ワクチンを選ぶ参考になり、ウイルスが蔓延しやすい場所を避けることもできます。

 

狂犬病

狂犬病は、狂犬病ウイルスによって脳や神経が侵される病気です。狂暴になり、吠えたりかみついたりします。最終的に全身の筋肉が麻痺します。

 

人を含むほ乳類に感染し、ほぼ100%死亡する危険な病気です。予防接種は法律で務づけられています。

 

ジステンパー

高熱やせき、下痢や嘔吐が見られます。進行すると、てんかん発作などの神経症状もおきます。

 

感染している犬のせきで空気感染します。子犬の場合、死亡の危険性が高い病気です。

 

コロナウイルス

下痢や嘔吐が見られます。病気自体は治ることもありますが、子犬の場合は脱水症状で死に至る危険性もあります。

 

感染犬の排泄物にふれることで感染します。感染力が強いので、集団感染にも注意が必要です。

 

パルボウイルス

食欲が低下し、血便が見られます。激しい下痢や嘔吐で脱水やショック状態になります。

 

感染した犬の便や嘔吐物から経口感染します。子犬は死亡の確率が高いので要注意です。

 

パラインフルエンザ

微熱とせきが見られます。体力の低下から他の感染症にもかかったり、肺炎などを併発して重症化することもあります。

 

ほかの犬のせきから空気感染します。

 

イヌアデノウイルス

おもな症状は、高熱や下痢、嘔吐、扁桃腺の腫れなどです。

 

尿にウイルスが含まれるので、ほかの犬に感染を広げてしまいます。

 

 

 

1歳未満の子犬

 

  1. 6〜8週で、母親の初乳(出産後すぐに出るお乳)によって譲り受けた抗体が切れます。ここで1回目のワクチン接種します。
  2.  

  3. 1回目のワクチンの効きめは約3週間で切れます。そのころに2回目のワクチンを打ちます。
  4.  

  5. 抗体が切れるタイミングには個体差があります。3回目のワクチン接種で、確実に抗体を定着させます。

 

1歳以上の成犬

 

成犬は年に1回接種して免疫効果をプラスします。

 

子犬期の免疫が確実にできても、抗体の働きは1年ごとに切れます。毎年定期的にワクチンを打って、抗体をつくります。

 

ワクチンは2〜9種まであり、防げる病気はそれぞれ違います。

 

ウシやブタなどの家畜に接する機会があるか、河原や水辺などの細菌が繁殖しやすい場所が近くにあるか、などを考慮して、必要なワクチンを打ちましょう。

 

必要なワクチンは獣医師と相談したうえで、適切なものを摂取しましょう。

 

物覚えが悪いチワワでも劇的におりこうになる方法


このサイトで紹介したチワワのしつけのやり方を実践すれば、チワワのしつけはうまくいくはずです。実際にこのやり方で我が家のチワワもかなりお利口になりました。


しかし、チワワは一匹一匹が違う性格をしています。内気なチワワもいれば怒りんぼうのチワワもいます。極端に落ち着きがなかったり、飼い主を完全に無視するチワワまでいます。我が家のチワワもそんなチワワの一匹で、どうしようもない怒りんぼうでした。いくら頑張ってしつけをしても、どうしても抜けない強いクセがありました。


そんな時見つけた「しつけ方」があります。「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さんのしつけ方です。


「森田誠」さんのしつけ方は、それぞれの犬の個性に合わせた方法でしつけをするのです。つまり、一匹一匹しつけ方が違うんです。そして、一般的に知られているしつけ方に比べて簡単に実践できるんです。


早速、そのやり方で我が家のチワワのしつけを開始したところ、それまでとは見違えるようにいい子になって、いろいろなことをどんどん吸収してできるようになりました。驚きのしつけ法でした。


私の周りには、犬を訓練学校に預けたのに戻ってきてしばらくしたら「また元のダメ犬に戻ってしまった」という人もいました。しつけがうまくいかず、愛犬との関係が良くならずに怒ってばかりの人もいました。


彼らも「森田誠」さんのしつけ方を実践して、今ではみんなが愛犬とのいい関係を築くことができています。


チワワが大好きなあなたには、愛犬のしつけは人任せにしたり、放棄したりせずに、愛情を持って自分でしてあげて欲しいと思います。そうすれば間違いなくあなたの愛犬は今まで以上の最高のパートナーになってくれます。



「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

最高のプロのやり方を真似るのが一番確実なしつけの方法です
  • TVチャンピオン2の企画、「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクトで優勝を成し遂げた「森田誠」さん直伝のしつけ法です。

  • DVDに収録されてあるしつけ方を真似するだけで、誰にでも簡単にしつけができてしまいます。

  • 詳しい説明とイラスト入りの「しつけマニュアル本」もとてもわかりやすいです。

  • わからないことがあれば、いつでも質問や相談ができるサポート付きです。

  • 一般の犬の訓練学校と比較して、格段に安い費用にもかかわらず、しっかりとしつけが完了できます。






森田さんのしつけ法を徹底検証しました。詳しくはこちら >>



 


必ずおさえておくべきチワワの飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加