チワワ ケア 夏

夏に行うチワワのケア
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

夏に行うチワワのケア目次

 

チワワは暑いのが苦手です。体が毛で覆われているうえに、汗をかいて体温を下げることができません。

 

口から息を吐いて体温調節します。だから暑い日や運動した後は、犬は「ハッ!ハッ!」と荒い息をしているのです。

 

チワワは生活の多くを室内で過ごすため油断しがちですが、夏の暑い日などは、屋外はもちろん室内でも注意が必要です。

 

チワワの体高は約20cm。熱いアスファルトの上では、地面の熱の影響を受けやすいため、熱中症になりやすいのです。

 

また日差しの強い閉めきった部屋などでも熱中症になる危険性があります。涼しい場所に移動できるようにしておきましょう。

 

荒い息をしてぐったりするなど、熱中症の症状が出ていたら、ぬらしたタオルや氷のうなどですぐに体を冷やします。脱水症状を起こしている可能性もあるので、塩をひとつまみ入れた水か、スポーツドリンクを飲ませて応急処置をし、動物病院へ運びましょう。

 

また、熱中症の事故は車中でも起こりがちです。絶対に車の中にチワワを置き去りにしてはいけません。

 

 

真夏は早朝か夜に散歩をする

 

体高の低いチワワは、地面の熱を体に受けやすいため、真夏の散歩はとくに注意が必要です。

 

早朝か夜、直射日光を受けない時間帯を選ぶのが基本です。地面を歩かせるときは、手で地面の温度を確認しましょう。

 

気温35℃を超えるとアスファルトは40〜60℃以上になることもあります。チワワは体高が低いので、人間よりも5℃以上高い温度の中を散歩することになります。さらにチワワは裸足です。

 

真夏の日中の散歩はチワワにとって拷問のようなものです。

 

真夏の散歩は早朝か夜するようにしましょう。

 

 

夏場はチワワが留守番中に熱中症にならない住まいづくりをしてあげることが大切です。

 

室内はエアコンなどを使って温度、湿度を快適に保ち、チワワが自分で涼しい場所に移動できる工夫をしましょう。

 

また、水分補給はいつでもできるように、新鮮な水を飲めるようにしておきましょう。

 

チワワのための快適な部屋作りのポイント

 

カーテンを閉める

直射日光をさえぎるだけで、室温の上昇を防ぐことができます。

 

エアコンは27〜28℃

室温は27〜28℃に保ちます。散歩で急に外に出たときに温度差で体調を崩さないように、室温は少し高めに設定します。

 

ひんやリグッズを活用

ジェルやアルミ素材のクールマット、クールベッドが市販されています。寝そべると、体の熱を吸収してくれます。

 

新鮮な水を常備

水はいつでも飲める状態にしておきます。2〜3か所に用意しておいてもいいでしょう。

 

ハウスは開けておく

ハウスの扉を開けて、暑いときには犬が自由に快適な場所に移動できるようにします。立ち入らせたくない場所はあらかじめゲートなどでさえぎっておきます。

 

 

息が荒い、よだれをたらしている、ぐったりして動かない……こんな様子が見られたら、熱中症の可能性大です。

 

まずするべき処置は、体を冷やすこと。水をかけたり、ぬれたタオルで包んだりして体温を下げます。

 

脱水状態になっている可能性があるので、水分補給をします。スポイトなどを使い、500mlの水に塩をひとつまみ入れたものかスポーツドリンクを飲ませます。

 

応急処置をしても、必ずその後動物病院を受診しましょう。

 

熱中症の応急処置のポイント

 

  • スポーツドリンクか少量の塩を含む水を与える
  •  

  • 保冷剤や氷枕で頭を冷やす
  •  

  • ぬらしたタオルで体を包む
  •  

  • 首に氷のうをあてる
  •  

  • 処置が済んだら動物病院に連れていく

 

物覚えが悪いチワワでも劇的におりこうになる方法


このサイトで紹介したチワワのしつけのやり方を実践すれば、チワワのしつけはうまくいくはずです。実際にこのやり方で我が家のチワワもかなりお利口になりました。


しかし、チワワは一匹一匹が違う性格をしています。内気なチワワもいれば怒りんぼうのチワワもいます。極端に落ち着きがなかったり、飼い主を完全に無視するチワワまでいます。我が家のチワワもそんなチワワの一匹で、どうしようもない怒りんぼうでした。いくら頑張ってしつけをしても、どうしても抜けない強いクセがありました。


そんな時見つけた「しつけ方」があります。「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さんのしつけ方です。


「森田誠」さんのしつけ方は、それぞれの犬の個性に合わせた方法でしつけをするのです。つまり、一匹一匹しつけ方が違うんです。そして、一般的に知られているしつけ方に比べて簡単に実践できるんです。


早速、そのやり方で我が家のチワワのしつけを開始したところ、それまでとは見違えるようにいい子になって、いろいろなことをどんどん吸収してできるようになりました。驚きのしつけ法でした。


私の周りには、犬を訓練学校に預けたのに戻ってきてしばらくしたら「また元のダメ犬に戻ってしまった」という人もいました。しつけがうまくいかず、愛犬との関係が良くならずに怒ってばかりの人もいました。


彼らも「森田誠」さんのしつけ方を実践して、今ではみんなが愛犬とのいい関係を築くことができています。


チワワが大好きなあなたには、愛犬のしつけは人任せにしたり、放棄したりせずに、愛情を持って自分でしてあげて欲しいと思います。そうすれば間違いなくあなたの愛犬は今まで以上の最高のパートナーになってくれます。



「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

最高のプロのやり方を真似るのが一番確実なしつけの方法です
  • TVチャンピオン2の企画、「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクトで優勝を成し遂げた「森田誠」さん直伝のしつけ法です。

  • DVDに収録されてあるしつけ方を真似するだけで、誰にでも簡単にしつけができてしまいます。

  • 詳しい説明とイラスト入りの「しつけマニュアル本」もとてもわかりやすいです。

  • わからないことがあれば、いつでも質問や相談ができるサポート付きです。

  • 一般の犬の訓練学校と比較して、格段に安い費用にもかかわらず、しっかりとしつけが完了できます。






森田さんのしつけ法を徹底検証しました。詳しくはこちら >>



 


必ずおさえておくべきチワワの飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加