チワワ 問題行動 治す

チワワの問題行動を治すには
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チワワの問題行動を治すには目次

 

トイレを失敗する、来客に吠えるなど、ときにチワワは「困った行動」で飼い主さんを悩素せることがあります。

 

どうして困った行動をするのか、その最大の原因は愛犬が「正解」を理解していないからです。

 

トイレを失敗するのは、トイレがどこだか理解していないから、来客に吠えるのは、お客さんが来たらどうすればいいのかを教わっていないからなのです。

 

どうしたらよいのか「正解」がわからないのに、叱られてしまえば、チワワはますますどうしたらよいかわからなくなってしまいます。

 

愛犬に正しい行動をしてほしいのであれば、「正解」を飼い主さんが決めてあげて、まずはきちんと教えてあげればよいのです。

 

 

チワワに「してほしい」行動を教えるには?

 

POINT1 「してほしくない」ことを体験させない

 

犬は学習によって行動を身につける動物です。一度体験したことを元に次の行動をするため、してほしくないことはさせないことが大切です。たとえば、一度散歩で勝手にグイグイ行くことを体験させてしまえば、その後も行きたかります。横について歩くとよいことがあると教え、散歩とはそういうものだと思わせることが後々困った行動に悩まされずにすむ最良の方法です。

 

チワワににねだられて、「今日だけよ」と人間の食べ物を与えてしまうと、「吠えたらもらえた」という体験から、その後も人間の食べ物をほしがって吠えるようになります。

 

POINT2 一貫性をもって教える

 

正解を決めたら、正解のたびにほめれば、犬はその行動をを繰り返そうとします。しかし、ほめたりほめなかったりと一貫性を欠くと、しつけが身についていないうちは混乱させてしまいます。

 

また、家族などでこの人はほめるけど、この人は叱るなど同じ行動で違う対応をすることも字習を阻害する原因です。

 

POINT3 正解の行動は必ずほめる

 

「来客中はマットの上で待つ」など、飼い主さんが正解を決めたら、愛犬がその正解の行動をしたら確実にほめることが、正解を教えたことになります。「ほめる」というのは、おやつをあげたり、なでてあげたりという愛犬が喜ぶことをすること。

 

くり返しほめることで、「このとき、自分がこうすると、いいことがある」と犬に思わせ、行動を強化します。

 

ほめ方の例

 

おやつ

犬はおいしい物かもらえるとなるとがぜん張り切る生き物。ちぎって少しずつ与えることができ、確実ににあげたことがわかるため、トレーニングにはおやつが効果的に使えます。

 

なでる・遊ぶ

まれに、おやつよりも遊んでもらうことがうれしい犬もいます。なでられることが嫌いな犬もいますが、好きな子にとっては「ヨシヨシ!」となでられることもごほうびになります。

 

 

POINT4 失敗したときは反応しない

 

トイレを失敗したときに、「あー!」と騒いでバタバタと雑巾をとりに行く。この行動が、飼い主さんが喜んでくれたと逆の学習を促してしまうことがあります。言葉の意味がわからない犬にとっては、「コラ!」などもほめ言葉になってしまう場合があるため、矢敗しても冷静に無反応を心がける必要があります。

 

 

 

散歩中に向こうから来た犬に対して、怖くて吠えてしまいました。それを、「ダメでしょ!」と叱ったとしても、この次に犬とすれ違ったときにどうしたらいいのかは伝わりません。

 

また、トイレシーツなどをビリビリ破いてしまうのは、ほかにやることがなく退屈だからかもしれません。いやがらせをしようとしてするわけではありません。

 

このように人間から見た困った行動は、犬にとってはしかたなしにしていることなのです。そうした、愛犬の気持ちを理解したうえで、困った行動に対応しましょう。

 

トレーニング中のポイント 

 

トレーニング中はリードをつけましょう。してほしくない行動をしそうになったとき、未然に防ぐには「ハウスリード」がおすすめです。

 

たとえば、足にじゃれてかみそうになったら、リードを持って自分の足から離すなど、その動きを止めて体験させないために使います。ただし、リードをつけるのは飼い主さんが見ていられるときだけ。見ていられないときは、チワワをハウスに戻しましょう。

 

 

しつけを困難にするNG行動

 

きちんとしつけているつもりでも、チワワが正しい行動ができないのであれば、それは教えられていないということです。

 

また、これから挙げる「やってはいけない飼い主のNG行動」が、さらに愛犬を混乱させ、正しい行動の理解を遅らせます。

 

叱る、バツを与える

 

正解がわからないのに叱られたり、バツを与えられたりしても、チワワはただ混乱するだけでそこから何も学びません。それだけでなく、飼い主さんを恐れるようになり、関係が悪化してしまいます。

 

オシッコの失敗を叱っても、正しいトイレを理解させることはできません。「この人が見ているときにここですると怖いことが起こる」とだけ理解するため、ここではない(がトイレではない)場所や、飼い主さんが見ていないときにするようになるだけです。

 

成功を見ていない、ほめない

 

トイレのしつけは、トイレシーツの上でオシッコをしたら、ほめてあげるだけで完成します。しかし、「目を離したすきにオシッコしてた」などと、せっかく成功したのにほめてあげられないと、成功体験が少なくなってしまい、学習が遅れてしまいます。

 

チワワの要求に負けてしまう

 

「おやつちょうだい」「外に出して」の要求吠えに負けてしまって、一度でもかなえてしてしまうと、チワワは「吠えれば出られる、おやつをくれる」ということを学習したことになります。一度、要求が通ることを覚えれば、その後しつこく要求がかなうまで吠えるようになってしまうでしょう。要求吠えにはこたえてはいけません。

 

おやつをあげすぎている

 

トレーニングでおやつを使う場合、ふだんから何もしないでもおやつをもらっている子には効果がありません。なぜなら、がんばらなくてももらえるものだから。健康の面でもおやつのあげすぎは心配です。

 

また、トレーニングで教えたいことが難しいときや、なるべく早く身につけさせたいときには、おやつはとっておきのおいしい物を用意すると効果が上がります。

 

 

物覚えが悪いチワワでも劇的におりこうになる方法


このサイトで紹介したチワワのしつけのやり方を実践すれば、チワワのしつけはうまくいくはずです。実際にこのやり方で我が家のチワワもかなりお利口になりました。


しかし、チワワは一匹一匹が違う性格をしています。内気なチワワもいれば怒りんぼうのチワワもいます。極端に落ち着きがなかったり、飼い主を完全に無視するチワワまでいます。我が家のチワワもそんなチワワの一匹で、どうしようもない怒りんぼうでした。いくら頑張ってしつけをしても、どうしても抜けない強いクセがありました。


そんな時見つけた「しつけ方」があります。「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さんのしつけ方です。


「森田誠」さんのしつけ方は、それぞれの犬の個性に合わせた方法でしつけをするのです。つまり、一匹一匹しつけ方が違うんです。そして、一般的に知られているしつけ方に比べて簡単に実践できるんです。


早速、そのやり方で我が家のチワワのしつけを開始したところ、それまでとは見違えるようにいい子になって、いろいろなことをどんどん吸収してできるようになりました。驚きのしつけ法でした。


私の周りには、犬を訓練学校に預けたのに戻ってきてしばらくしたら「また元のダメ犬に戻ってしまった」という人もいました。しつけがうまくいかず、愛犬との関係が良くならずに怒ってばかりの人もいました。


彼らも「森田誠」さんのしつけ方を実践して、今ではみんなが愛犬とのいい関係を築くことができています。


チワワが大好きなあなたには、愛犬のしつけは人任せにしたり、放棄したりせずに、愛情を持って自分でしてあげて欲しいと思います。そうすれば間違いなくあなたの愛犬は今まで以上の最高のパートナーになってくれます。



「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

最高のプロのやり方を真似るのが一番確実なしつけの方法です
  • TVチャンピオン2の企画、「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクトで優勝を成し遂げた「森田誠」さん直伝のしつけ法です。

  • DVDに収録されてあるしつけ方を真似するだけで、誰にでも簡単にしつけができてしまいます。

  • 詳しい説明とイラスト入りの「しつけマニュアル本」もとてもわかりやすいです。

  • わからないことがあれば、いつでも質問や相談ができるサポート付きです。

  • 一般の犬の訓練学校と比較して、格段に安い費用にもかかわらず、しっかりとしつけが完了できます。






森田さんのしつけ法を徹底検証しました。詳しくはこちら >>



 


必ずおさえておくべきチワワの飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加