チワワ 吠え癖 なおす

チワワの吠え癖をなおす
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チワワの吠え癖をなおす目次

 

吠えグセがある場合は、きっかけが何かを考えてみたほうがいいと思います。

 

つまり、何が原因で吠えているのかということです。たとえば、「うちのチワワはチャイムの音が鳴ると吠える」などのことです。

 

たいていの犬は、吠えるときにチャイムのようなきっかけがあります。他の犬と会ったときに吠えたり、背の高い人に対して吠えたり、吠える対象がある場合は、その条件づけをかえていくようにすればいいのです。

 

チャイムの場合は、チャイムが鳴ったら吠えるのではなく、ハウスに入るようにしつけるのです。

 

苦手な犬や人に吠える場合は、「社会化」のやりなおしをするのが効果的です。少しずつ近づいて吠えなかったらフードを与える。相手がいやな相手でも、こわい相手でもないということを教えていきます。これはある程度の時間をかけるしかないかもしれません。

 

 

基本の対処法 「スワレ」の徹底

 

吠え癖のあるチワワには、いつでもどこでも「スワレ」の指示で座れるようにするのが効果的です。

 

吠えている最中、チワワはおびえや警戒、威嚇などで興奮状態にあります。とくに1〜2度で吠えやむことのない吠えグセの場合、まずチワワを落ち着かせることが大事です。基本のしつけのなかでも「スワレのトレーニング」を徹底的におこなってください。

 

室内だけでなく、外でも「スワレ」の指示で座れるようにしておきましょう。人がいないところでできたら、次は人混みでも挑戦してください。

 

 

ドアのチャイムが鳴って、飼い主さんが出ていくことや知らない人が入ってくることがいやなのかもしれません。また、吠えると飼い主さんが抱っこをしてくれるからという原因も考えられます。

 

「チャイムが鳴ると知らない人が入ってくる」とわかっていると、「チャイム=不安」と覚えてしまいます。

 

まずは、チャイムの音は怖くないものだとおやつや食べ物を使って教えて、どうするのが正解かを教えてあげましょう。ハウスの中で落ち着いていられるのなら、チャイムが鳴ったらハウスに入るようトレーニングをしましょう。

 

 

対策@ 「チャイム=おやつ」と教える

 

おやつに集中させてから、携帯電話のアプリなどで、チャイムの音を聞かせます。

 

はじめは小さい音から聞かせて、音を徐々に大きくしていくようにしましょう。吠えてしまう前におやつはあげるようにし、吠えてしまったらおやつはあげずに1回トレーニングを中止します。

 

チャイムが鳴るとおやつがもらえると学習をさせ、恐怖心をのぞきます。うれしくて吠えているケースも、おやつで気をそらしながら静かにすることを教えましょう。

 

 

対策A チャイムでハウスに入るように指示する

 

ハウスで落ち着いて待てるのなら、チャイムが鳴ったらハウスに入ることを正解として教えてあげましょう。

 

チャイムの音を鳴らしたら、「ハウス」と指示を出し、中に入れたらおやつをあげます。くり返し教えて、「ハウス」の指示なしで入れたらさらにおいしい物をあげましょう。

 

  1. 携帯電話のアプリなどで、チャイムの音を聞かせ、「ハウス」の指示を出します
  2. 慣れてきたら、「ハウス」の指示なしでチャイムの音で中に入れるかどうかトレーニングをします
  3. ハウスの中でおとなしくしていられたら、おやつをあげましょう

 

 

知らない人が怖くて吠えている場合と、来客がうれしくて吠えている場合があります。

 

理由に違いはありますが、どちらの場合にしても、来客に吠えてほしくないというのであれば、あらかじめハウスに入れておいたり、別の部屋で待たせておいたりして、お客さんに会わせないというのも対策のひとつです。

 

飼い主さん自身が、慌てて出ていかないということも大切です。飼い主さんが慌てて来客を出迎えると、チワワも興奮して吠えてしまいます。

 

 

対策@ ハウスに入れてオモチャに集中させる

 

来客があることがわかっていたら、あらかじめハウスに入っていてもらいましょう。

 

寝ていても何をしていても、静かに待てればOKです。退屈しそうであれば、おやつを仕込んだコングで遊ばせて待たせましょう。

 

吠えてしまってからおやつやコングをあげると、吠えるとごほうびかもらえると学習してしまいます。吠える前にあげることがポイントです。

 

 

対策A お客さんにおやつをあげてもらう

 

来客を怖からないですむように、いろいろな人からおやつをもらうトレーニングをしましょう。

 

抱っこをするなどして落ち着いているときにお客さん役の人に手でおやつをあげてもらいます。

 

怖がりな子は、目をそらして手だけを出してもらうようにしましょう。

 

とても怖がっているときは、無理にお客さんに会わせないようにしましょう。

 

 

対策B 別の部屋で待たせる

 

子犬であれば、なるべくいろいろな人に慣らしたいところですが、もし、怖がりでどうしても来客が苦手なのであれば、別の部屋で待たせるのもよいでしょう。

 

 

ごはんや散歩などを要求して吠えるのをやめさせたいのなら、完全に無視することです。

 

ここで、うるさいからとかかわいそうだからと要求にこたえてしまえば、要求吠えは絶対になおりません。

 

特に避けたいのは、さんざん吠えさせて結局負けてしまうこと。「しつこく吠えればかなう」ということを学習させてしまいます。

 

完全にあきらめるまでとことん無視します。吠え疲れてちょっと休んでいるときに反応してしまうと、吠えた結果がかなったことと同じことになってしまいます。

 

 

対策@ 絶対に反応しない

 

吠えている間は、徹底的に無視をしましょう。背中を向けて完全に相手にしない、反応を返さないことが大切です。

 

近所迷惑になる心配があるのなら、ハウスに戻して、毛布などで目隠しをしてもOKです。

 

  1. 要求吠えが始まったら、背中を向けたり、部屋から静かに出ていったりしましょう。
  2. 完令に落ちついたのであれば、振り返ったり、部屋にもどったりしてOKです。
  3. オスワリをして静かにすることができたら、ほめてあげましょう。

 

 

対策A 正しい行動なら要求が通ると教える

 

要求吠えをやめさせたければ、吠えているときには何もごほうびを与えずに、静かに待てたときにほめてあげればよいのです。

 

吠えても何もよいことがないことと同時に、こうすればよいという正解を教えてあげましょう。

 

  • 【食事前の正解】
  • 食事が目に入らない高さで食器を持って、「オスワリ」を指示してからごはんをあげましょう。ごはんの時間は人間よりも後にするのも、要求吠え予防には大切です。

     

  • 【遊び前の正解】
  • おもちゃを手に持ったら、「オスワリ」を指示します。オスワリして静かに待てたら、遊びを開始してください。

 

 

怖いのか、遊びたいのかは、チワワの様子を見て判断しますが、どちらにしても、近づけることは避けましょう。

 

怖がっている場合は、無理にほかの犬に近づける必要はありません。相手の犬に吠えてしまう前に方向転換をしましょう。

 

遊びたがっているときは、吠えている間は遊ばせす、落ち着いて静かにできたらあいさつをさせてあげましょう。

 

飼い主さんが先に犬の存在に気づいて、対応を考えられるようにしましょう。

 

 

対策@ おやつで慣れさせる

 

まだそれほど恐|布心がない子犬であれば、おやつで気をひきながら、ほかの犬とすれ違うトレーニングを行いましょう。

 

成犬でも、それほど怖がっていないのなら、おやつで気をそらすことはできます。

 

 

対策A 挨拶だけでもまずは落ち着かせる

 

「遊びたい」という要求吠えをしているうちに、相手の犬に近づければ、今後ますますほかの犬に吠える犬になってしまいます。

 

顔見知りの犬であれば、飼い主さんに声をかけて待っていてもらいアイコンタクトで愛犬を集中させましょう。

 

飼い主さんが「OK」を出したら、相手の犬に近づいてよいことを教えます。勝手には行かせないようにしましょう。勝手に行かせてしまうとトラブルを起こしてしまうかもしれません。

 

 

対策B 怖がっているなら逃げる

 

散歩中、犬どうしをあいさつさせたり、仲よくさせたりする必要はまったくありません。

 

犬が苦手という犬も少なくはないものです。ほかの犬がどうしても怖いようなら、飼い主さんが気づいた段階でUターンしてすれ違わないようにしてください。

 

 

対策C 穏やかな協力犬を探す

 

犬が苦手で吠える場合は、無理強いしてはいけません。

 

慣れないうちは、相手の犬が通り過ぎるときに「スワレ」の指示で座らせ、飼い主だけに集中させます。同時に、いつも行く公園やドッグランなどで性格が穏やかな犬を探します。

 

その犬と飼い主に協力してもらい、徐々に近づく練習をします。一歩近づいて吠えなかったらごほうびを与えます。吠えかかったら、すぐに犬同士を引き離してください。これを根気よくくりかえします。

 

物覚えが悪いチワワでも劇的におりこうになる方法


このサイトで紹介したチワワのしつけのやり方を実践すれば、チワワのしつけはうまくいくはずです。実際にこのやり方で我が家のチワワもかなりお利口になりました。


しかし、チワワは一匹一匹が違う性格をしています。内気なチワワもいれば怒りんぼうのチワワもいます。極端に落ち着きがなかったり、飼い主を完全に無視するチワワまでいます。我が家のチワワもそんなチワワの一匹で、どうしようもない怒りんぼうでした。いくら頑張ってしつけをしても、どうしても抜けない強いクセがありました。


そんな時見つけた「しつけ方」があります。「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクト優勝した「森田誠」さんのしつけ方です。


「森田誠」さんのしつけ方は、それぞれの犬の個性に合わせた方法でしつけをするのです。つまり、一匹一匹しつけ方が違うんです。そして、一般的に知られているしつけ方に比べて簡単に実践できるんです。


早速、そのやり方で我が家のチワワのしつけを開始したところ、それまでとは見違えるようにいい子になって、いろいろなことをどんどん吸収してできるようになりました。驚きのしつけ法でした。


私の周りには、犬を訓練学校に預けたのに戻ってきてしばらくしたら「また元のダメ犬に戻ってしまった」という人もいました。しつけがうまくいかず、愛犬との関係が良くならずに怒ってばかりの人もいました。


彼らも「森田誠」さんのしつけ方を実践して、今ではみんなが愛犬とのいい関係を築くことができています。


チワワが大好きなあなたには、愛犬のしつけは人任せにしたり、放棄したりせずに、愛情を持って自分でしてあげて欲しいと思います。そうすれば間違いなくあなたの愛犬は今まで以上の最高のパートナーになってくれます。



「森田誠」の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法

最高のプロのやり方を真似るのが一番確実なしつけの方法です
  • TVチャンピオン2の企画、「ダメ犬しつけ王選手権」でパーフェクトで優勝を成し遂げた「森田誠」さん直伝のしつけ法です。

  • DVDに収録されてあるしつけ方を真似するだけで、誰にでも簡単にしつけができてしまいます。

  • 詳しい説明とイラスト入りの「しつけマニュアル本」もとてもわかりやすいです。

  • わからないことがあれば、いつでも質問や相談ができるサポート付きです。

  • 一般の犬の訓練学校と比較して、格段に安い費用にもかかわらず、しっかりとしつけが完了できます。






森田さんのしつけ法を徹底検証しました。詳しくはこちら >>



 


必ずおさえておくべきチワワの飼い方としつけの基本中の基本はこちら >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加